平成21年 釣り同好会OB会兼ワカサギ釣り大会   
2月14,15日 桧原湖   


  今年も皆さん、元気な顔を見せてくれました。今回は私が幹事ということで、多少段取り
をしながらの参加となりました。

 今年の桧原湖は雪が少なく、氷上は完全な氷状態。中々テントが張れず、一苦労です。
さて結果の方ですが、相変わらず桧原湖は厳しかったです。場所による差はありそうです
が、全体的に釣れませんでした。が、釣りは二の次、夜の宴会は毎年同様に盛り上がり、
学生時代に戻ったようでした。
 
 次回幹事は鵜川さんです。よろしくお願いします。

<大会結果>
 優勝 山内氏  
  2位 山崎氏  
  3位 後藤   

 

 

平成19年 釣り同好会OB会兼ワカサギ釣り大会   
2月16,17日 桧原湖   


  久しぶりに(5年ぶり)大学釣り同好会OBワカサギ釣り大会に行ってきました。久しぶりの仲
間との再会で、宴会は大盛り上がりでした。が、皆さん年を取ったためか、以前よりは早い就寝
でしたネ(笑)。
  さて大会当日ですが、天気はまずまず、しかし中々ワカサギの食いが渋い。手を代え品を代え
てがんばりましたが、なんと私の釣果は2匹のみ〜惨敗です。優勝者は、滝沢君。初めて?優勝
カップが東京に持ち込まれることとなりました。先生はじめ皆様、大変お疲れ様でした。次回平成
20年は私が幹事をさせていただきます。日時は2月14、15日です。

<大会結果>
 優勝 滝沢氏  21匹
  2位 三宅氏  12匹
  3位 先生    5匹
     松沢氏   5匹

    
椎名氏   5匹

  

  


(平成14年2月23日) 桧原湖   
平成14年 釣り同好会OB会兼ワカサギ釣り大会      


 恒例の大学釣り同好会OBワカサギ釣り大会に行ってきました。今回は妻も同行、お邪魔しました。過去2年連続優勝している私としては、今年はどうしようかと思いながらも、本番になったとたん本気を出してしまいました。なんてったって隣で釣っている妻が、スタートダッシュをかけて次々に上げているんで、ついつい追撃している間に釣ってしまいました。結果私が54匹で優勝、3連覇してしまいました。やったー。妻は堂々の3位でした。がんばったなー。みなさんお疲れ様でした。
<大会結果>
 優勝 私     54匹
 2位 山内    48匹
 3位 ゆみゆみ 36匹

        


(平成14年2月10日) 桧原湖  
 土曜日の日に、ほぼ1年ぶりに桧原湖にワカサギ釣りに行ってきました。
入った場所は、金山、えんどう丸の南側10mです。釣果は私が48匹、妻が22匹とパッとしない結果でしたが、最近の桧原湖ではこんなもんでしょうか。久しぶりに民宿えんどうの親父さんにもあってきました。相変わらず元気そうでした。

(平成13年2月25日) 桧原湖   平成13年 釣り同好会OB会兼ワカサギ釣り大会 

  今年もOB会に出席するため、桧原湖へ行ってきました。1年に1回、ここ桧原湖のこたかもりで釣り大会を兼ねたOB会が行われます。1年ぶりの面々の再会は懐かしいものです。

 dscf0002.jpg (67143 バイト) 1年間の釣りの話題や学生時代のバカ話で盛り上がりました。     

 dscf0010.jpg (68609 バイト) 今年の桧原湖はやっぱり釣れない。

 dscf0031.jpg (66025 バイト)やった〜V2連覇!

<大会結果>  優勝27匹、2位23匹、3〜4位9匹(2人)、5位4匹、6位2匹、7〜8位1匹(2人) 

 優勝したものの27匹と、過去最低の結果でした。水窪ダムもそうですが、桧原湖もタナが非常に上下し、底ではほとんどあたりませんでした。桧原湖の底狙いの定説は、今年は通じないようです。氷の下1mくらいでも釣れました。


(平成13年2月18日) 米沢 水窪ダム

 土曜の夜から水窪ダムにワカサギ釣りに行ってきました。
夜釣りのテントは10張りくらい(好きな人いるんだな)

 天候が良かったんで結構楽しめました。でも、朝方は寒かったな。それにしても、水窪ダムはタナ取りが難しいですね。夜の間は、氷下1mで 明るくなってからは、1〜5mとめまぐるしくタナが変わりました。妻とタッグを組、掛かった針の場所から、上だ、下だ、もうちょい上だとか、常にタナを変えていました。あたりがなくなると上と下に別れて、あたった方に合わせるといった感じです。群れによって泳ぐ層が違うのでしょうか。
この辺詳しい方いたら教えてください。
こんな時、魚探があったら楽なのに。来年予算に入れておこう。徹夜での釣りで私が130匹、妻が42匹でした。

              
(平成13年2月12日) 米沢 水窪ダム

  米沢より国道13号線を栗子峠の方に向かい途中から水窪ダムの方へ右折し約5分。で、普通は着きますが、とにかく道が狭い。除雪がされてなくて車のすれ違いは不可。対向車が来たら本当にどうするのかな?。駐車場もなくギリギリ路上駐車、私はスコップで雪を掘って1台分のスペースをキープしました(我ながらすごい)。
ダムへの入り口には漁業組合の管理人さんがいて遊漁券1200円を買わされました。
(もしかして山形県の共通遊漁券使えたのかな?)  

   道路から湖面まで30mの崖(雪)をすべり落ちます。ここまでで体力半分消耗。更に、湖面は穴だらけで片足がずぶ濡れ、穴を開けようとしたら雪が思ったより多く、120cmの穴あけドリルで何とか穴があく程でした。強風の中、テントを建て釣り開始。その頃には汗で服がずぶ濡れ、ここまでで体力の90%消耗。くたくたになりながら底狙いででシャクルも全くアタリ無し。1時から初めて妻が2匹釣っただけ、場所を変えようかと周りの人に状況を聞いたところ、「底には居ないよ。表層から5m以内を泳いでいるよ」と言うこと。日中なのになんで底じゃないの(水深5.5m)?桧原湖では底べったりなので考えられないこと。(桧原湖スペシャルという、5本針だけの仕掛けが発売されてるほどです)。 まあ、そう言うんなら、物は試しとばかりに、私が4m。妻が3.5mにタナを設定したとたんアタリ出した。これはすごい(直ぐに7本針からタナが探れる10本針に仕様変更)。そして時間が経つにつれて3m,2mと、どんどんタナが上がっていく。夕方4時頃には、氷の下1mまでにあがって来た。 結局2時半からアタリ出してから4時半頃までで私が32匹。妻が18匹、合計50匹でした。今期最高!。

 誘い方についてですが、水窪ダムのワカサギは、桧原湖とは違うようですね。桧原湖の場合は、誘いをかけて止めた瞬間にアタリが来ます。そこで来なかったらもうアタリは来ません。ですから1日中さおを振っていないと釣果がでません。しかし水窪ダムの場合は、誘った後直ぐにはアタリが来ない場合が多く、3秒くらい停止した後にアタリが来るようです。ですからあまり誘いも必要なく、非常に楽です。桧原湖は1日中ドラムを叩いているように誘わないと来ないんで、すごく疲れます。

   帰りは地獄の雪の崖を重い荷物を担ぎ2往復しました。息切れして死ぬかと思った。そして疲れを癒すために、鷹山の湯というお風呂に入浴後帰路につきました。
鷹山の湯---R13を上州屋から米沢市内の方に向かって、2つ目の信号の左角(ローソンの隣)
入浴料500円 広くていろんな風呂がありました(スーパー銭湯のような感じ)                              


(平成13年2月3、4日) 天童ローンテニスクラブワカサギ釣り釣行 

 今年2度目の桧原湖ワカサギ釣り釣行に行ってきました。今年の桧原湖は、やはり調子が悪いようで、前回に引き続き釣れませんでした。そんな中、初心者のミワッチは大健闘でした。
dscf0004.jpg (63803 バイト)  1日目、朝4時半に天童発、山形自動車道、東北自動車道を経由して磐越自動車道途中磐梯熱海で吹雪の為、通行止めで仕方なく49号線より川桁経由の裏道で桧原湖まで(9時に到着4時間半)。金山のしのぶ丸の近くで10時より釣り開始。アタリはポツリポツリで、なかなか来ない。500回位誘って1回アタリがあるくらい。餌はラビットと赤虫、ラビットの方が食いが良かった。夕方5時半頃まで粘ったが釣果はイマイチ。私19匹、妻16匹、矢萩くん8匹、ミワッチ5匹 計48匹でした。
2日目、朝4時起床。暗闇の湖畔の上をテントへ、明かりが乏しい中釣り開始。場所は金山の東より深さ7.5m 、朝の一番いい時間帯もあたりがあまり無く。みんな1〜4匹。9時頃になり、場所を1日目のしのぶ丸の近くに変更。水深7.5mくらい。あたりはあるがなかなか乗らないでも朝の場所よりもまだまし。この時期は深いところがいいみたい12時で終了。結局、私15匹、妻7匹、矢萩くん8匹、ミワッチ13匹 計43匹。この釣れない状況の中、ワカザギ釣り初挑戦のミワッチは、13匹とがんばりました。

dscf0031.jpg (59506 バイト)  夜は温泉民宿で大宴会。dscf0026.jpg (62144 バイト) 1日目の釣果、民宿で夕食に出してくれます。  

dscf0054.jpg (66102 バイト)  あまり釣れなかったけど楽しいワカサギ釣り旅行でした。また行こう。


  (平成13年1月20、21日) 今年も桧原湖のワカサギ釣りに行ってきました。

   桧原湖の金山に行ってきました。氷の厚さは20cm位で問題なし。テントは全部で15張程で少なめでした。初日は9時からえんどう丸の20m先にテントを構えましたがあたりが全くなく3匹のみ妻はなんと0匹でした。夜、民宿でいろいろ情報交換したところ、みんな3匹位でした。沖にいるワカサギはこの時期あまり食わない模様。岸よりの深場のカケアガリが良いとの事。実際、午後から50匹上げた人がいるという。

   2日目、金山の本村よりの岸側の深いところに陣取った。結果は、午前中で25匹、妻は11匹。と超最低ラインはクリアーといったとこ。とにかくあたりが続かない、がんばって誘ってやっと食う感じで置き竿には全く来ない。ちなみに餌は赤虫と白ラビット、食いは半々くらいでした。あまり釣れないので、民宿えんどうの親父さんが魚探を持ってきてチェック水深6.5mの底に群れが寄って来るが食わない。ハイテク装備で魚の確認ができても、食わなきゃどうしようもない。でも魚探を見ながらの釣りもなかなか面白かったですよ。値段は5万円くらい、割引で3万5千くらいで売ってるらしい。(買おうかな)

dscf0049.jpg (27265 バイト) う〜ん。釣れない。魚群探知機で確認。いるいる!アラーム鳴りっぱなし。

でも釣れないのは何故?
dscf0047.jpg (27007 バイト) 夜は民宿えんどうで親父さんと一杯 

釣り券は700円 必ず監察員が来ますので、必ず買っておきましょう。               その辺の店で売ってます。

 

(平成12年2月26、27日) 日大釣り同好会OB会のワカサギ釣り大会 (福島県檜原湖小高森荘にて)

優勝は、私。72匹でブッチギリの優勝でした。あとはの人は、話にならず。2位の人が11匹だったかな?。

松沢さんは相変わらず、口ばかりでした。

<オグリカップ 過去の優勝者>

平成12年 後藤 哲    72匹

平成11年 越田 浩人 50匹

平成10年 海藤 繁也 47匹

平成  8年 海藤 繁也 65匹

平成  6年 小栗 治男 72匹

平成  5年 大竹 泰宣 77匹

   

          

TOPページへ戻る