赤川 Information

                                        
                                  
     ポイントマップ 
New
1赤川

   山形県の庄内地方、鶴岡市と酒田市の境に位置し、上流はタキタロウで有名な大鳥池と朝日連峰の大渓流、八久和川(出合川)を源とし庄内平野を流れ、山形の母なる川、最上川と平行して日本海に長れ込む。

2 交通アクセス

   山形自動車道が整備されている。東北自動車道村田JCTより、山形自動車道に入り、笹谷トンネル、山形市、寒河江市を抜け、大井沢インターで一端、月山新道(R112)に降り月山を越え、湯殿山インターより再度、山形自動車道に乗り庄内側へ降りて行く、そして鶴岡市を抜け庄内空港インターで一般道へ降りる。最初のT字路の信号機を右折(西へ)し庄内空港前を通り過ぎ、次のT字路を右折(北へ)すれば、3分ほどで赤川の袖浦橋に着く。そこから上流が4段、3段があり、下流が橋下、河口のポイントがある。

3 魚種

   サクラマスをはじめとするマス族、ヤマメ、イワナ、ハヤ、鯉、鮎。初夏になると河口より通称3段まで、スズキも入ってくる。30〜50cmのアメマスも時々釣れる。

4 遊漁券

   年券は、4月1日〜翌3月末日までで5000円、日券は1500円くらい(いずれも袖浦橋、隣のラーメン屋で購入可)。現場で監視員からも購入可能(赤川漁業組合 Tel 0235-22-2077)。ちなみに私は、山形県の全河川の年間遊魚券を持っています(しかし発券枚数が限られている為、一般の人は購入は難しい)。

5 サクラマスの時期

   解禁は1月1日〜9月末日まで、1〜3月は、河口より3段までがポイント。4〜5月は、新川橋付近まで、そしてそれ以降は、三川橋、羽黒橋などがある鶴岡市、櫛引町の各ポイントまで上ってくる。7月以降は、水がなくなりほとんど釣りにならない。