おじさん・おばさんバンド”サボテンの花”について

バンド結成コンセプトやこだわり等を、ここでちょこっと紹介します。





        
 昔、十代のころ、親から国産の安いエレキギタ
ーを買ってもらって、見よう見まねでエレキサウ
ンドを必死になって練習し、仲間達とバンドを組
んだりして楽しんだものでした。

 それは、 我々の青春に無断で入りこんできた音
の侵略者達、ベンチャーズやビートルズなどによ
る影響でした。その時の新鮮なサウンドは今でも
脳裏から離れません。

 それから数十年が経過し、今、子育てが終了し
た者が中心となって「おーい、またバンドやろう
ぜ」と仲間を集め、2003年の春におじさん・おば
さんバンド「サボテンの花」が産まれました。
 
 
前置きが長くなりましたが、主に1960年から80
年代のオールディーズを中心に演奏しています。
おばじ7人のバンドで、下手くそながらもそれな
りに音楽して楽しんでいます。

 ストレスがたまらないよう練習は月に1回程度
にしていますが、それでもレパートリーは30曲
を越えたでしょうか。ライブも年に何回かやって
ます。

 でも、レパが増えるのも考えもんです。せっか
く覚えた曲なので、それを忘れないように維持す
るのが大変なんです。やっぱ歳ですかねぇ(笑)

 このホームページでは、我々の活動状況などを
紹していますので、どうぞご覧いただければ幸い
です


トップページへ