does cariocas

YAMABRA web

BOSSA DA CURTIÇAO webpage
since August 1, 2000
E-MAIL: bossacur@ma.catvy.ne.jp

docescariocas.jpg



DOCES CARIOCAS

2010.04.17: Doces Cariocas Japan Tour 2010 in Yamadera Fuga-no-kuni

Alexia Bomtempo and Pierre Aderne

DOCES CARIOCAS profile

Doces Cariocas

ブラジルのジャック・ジョンソンと異名をとるピエール・アデルニと、デビュー作がマリーザ・モンチ以来の大型ボーカリストと賞賛されたアレクシア・ボンテンポ。
この2人のデュオを中心に、ドメニコ、ウィルソン・シモニーニャ、フェリッピ・ピノウ、マルセロ・コスタ・サントスなど、リオの新進アーティストが結集したコミューン的ユニット、ドーシス・カリオカス(ドーシスは「SWEET」、カリオカは生粋のリオっ子の意味)。
気の合う仲間同士が、肩の力を抜いて純粋に演奏を楽しんでいるうちに結成に至ったというのもうなずける、ボサノヴァにもつながるナチュラル&リラックスしたサウンド。ブラジルでも話題沸騰、メジャーデビューも決定した注目のユニット!

PierreAderne.jpg

Pierre Aderne

フランス系の両親を持つリオ在住のシンガー・ソングライター。『カーザ・ヂ・プライア(浜辺の家)』『アウト・マール(沖へ)』の2枚のアルバムをリリースしており、ブラジルの美しい自然、人々の日常、恋愛からサッカーまでを題材に、言葉遊びを織り交ぜたウィット溢れる詩を綴る。2007年に初来日を果たし素晴らしいパフォーマンスを披露したが、移動の新幹線でも昼食時でも、インスピレーションを得るとすぐに詩にしたためていた姿が記憶に残る。去年セウ・ジョルジがピエールと共作した曲をアルバムに収録するなどその才能は広く認められており、現在のブラジルを代表するソングライターの1人だ。余談だが、ブラジル男の例に漏れず大のサッカー・ファンで、リオの名門チーム、ヴァスコ・ダ・ガマの熱烈なサポーターである。

alexia.jpg

Alexia Bomtempo

アメリカ生まれ。父親がブラジル人のアート・プロデューサー、母親はアメリカ人のシンガー・ソングライター、母方の祖母は詩人という環境で育ち、7歳でブラジルに移住した。高校卒業後から本格的に歌を始め、自然と自身のルーツであるブラジル音楽に傾倒していったという。昨年、ダヂがプロデュースし、夫ピエールの全面的なサポートを得て制作されたデビューアルバム「アストロラビオ」を発表。マリーザ・モンチ以来の大型新人としてここ日本でも大きな話題となった。

Discography to see description, please clickLinkIconmark below

Doces Cariocas

docescarioca1.jpgdocescarioca2.jpgdoces cariocas (2008)LinkIcon

Alexia Bomtempo

alexiabom.jpgAstrolábio (2008)LinkIcon

Pierre Aderne

pierrecasade.jpgCasa de Praia (2005)LinkIcon

pierealtomar.jpgAlto Mar (2007)LinkIcon

pierreagua.jpgÁgua Doce (2010)LinkIcon

564868_415949361793294_744798614_n.jpgBem Me Quer Mar Me Quer (2012)LinkIcon

Link

Doces Cariocas Japan Tour 2010LinkIcon
Doces Cariocas MySpaceLinkIcon
Pierre AderneLinkIcon
Alexia BomtempoLinkIcon

Doces Cariocas Japan Tour 2010 Flyer

全国版
docesomote.jpgdoce-ura.jpg

山形版
docescariocas1.jpgdocescariocas2.jpg

Yamagata(words & music by Pierre Aderne)

Agua Doceに収録

Acordei sozinho as 2 da manhã
 午前2時に目が覚めて
Assustado, chorando
 怖くて、涙が流れた
Abri a janela e vi uma cerejeira
 窓を開けて、桜を見ると、
De vestido rosa florando
 薄桃色に着飾った花が咲いていた
Nas maças do rosto
 頬に伝う涙の味に、
Meu riacho tinha gosto de você
 君のことを思い出す
Pétalas de neve
 雪の花びら
Deitando pelo chão até amanhecer
 夜明けまで床に寝転んでいた


Acordei sozinho em Yamagata
 目が覚めると山形で僕はひとり
Jurei te ouvir cantando
 確かに君の歌声を聴いた
Juntei folhas brancas, fiz um chá
 心を鎮め、まだ夢に戻りたくて、
Para acalmar, seguir sonhando
 白い葉を集めてお茶をいれた
Olhei para as paredes
 壁を見つめて
E tomei um saquê pra relaxar
 安らぎを求めて酒を呑み
Me abracei no seu kimono
 君の着物に包み込まれれば
Pra seda e pro sono sono me levar
 絹の心地よさが僕を夢見心地にしてくれる