beto caletti

YAMABRA web

BOSSA DA CURTIÇAO webpage
since August 1, 2000
E-MAIL: bossacur@ma.catvy.ne.jp

Beto2009.jpg


Beto Caletti

2006.09.24: Beto Caletti Live in Yamagata
2009.10.03: Beto Caletti JAPAN TOUR 2009
2009.10.04: Beto Caletti Brasilian guitar workshop

Beto Caletti Profile

 アルゼンチン出身、少年時代にシコ・ブアルキを聞いて以来ブラジル音楽に魅了され、音楽学校でギターと作曲を修めた後、ブラジルに渡る。サンパウロのサンバチームでプレイするなどブラジル音楽を体得、創作活動に入る。
1997年にデビュー作「Eu quero um Samba」を発表以降、これまでに計4枚のスタジオアルバムと2枚のライブアルバム、1枚のライブDVDを発表。ボッサ〜サンバを内包し、モダンでポップなMPBの愉しみどころに満ちた作風で、現在ではブラジルのシンガー・ソングライター&コンポーザの系譜を正統的に受け継ぐ実力派として広く認められている。
 3rdアルバム「エスキーナス〜街角」(2005)はここ日本でも、同年のベスト・ブラジリアン作品のひとつとして賞賛され、追って行われた初来日ツアーは全ての会場で立ち見が出る大盛況となり、日本のファンに鮮烈な印象を残した。目下の最新アルバム「テス」(2008年)のリリースに併せて行われた3度目の来日ツアーでは、東京3公演が完売、とうとうこの種の来日ツアーでは異例の追加公演まで行われるに至り、そのライブパフォーマンスの人気と評価は定着したと言える。
 世界中のジャズ・フェスに招待され、これまでにブラジリアン・ギターの教則本を2冊出版するなど、そのギターテクニックも折紙付き。甘く切ない歌声と繊細で美意識溢れるギタープレイを堪能できるライブは、まさに本物。

Beto Caletti Discography (from Beto Caletti official site)

betoeuqueroumsamba1997.jpgEu Quero Um Samba (1997)

Recorded in January, 1997. Featuring Esteban Martez Prieto, Marcelo Rapadura, Renato dos Santos, Juan Cruz Urquiza, Pablo Rodriguez and Bebe Ferreyra.

1997年発表のファーストアルバム。元々は発表するつもりはなかったが、周囲に好評だったため自主制作でリリースしたというレアな1枚。現在の作風よりもコンテンポラリーでMPBよりのサウンド。ブラジル音楽への愛を歌い上げるような若さに溢れています。彼ならではの美メロはこの時点で完成されています。

betotravesia1999.jpgTeavesia Brasileira (1999)

Recorded in May, 1999. Featuring Esteban Martez Prieto, Diego Bravo, Marcelo Rapadura, Jorge Luis sa Silva, Renato dos Santos, Facundo Guevara, Juan Escalona, Juan Cruz Urquiza and Andreia Soares.

1999年発表のセカンドアルバム。ファーストの作風を受け継ぎつつも、よりアコースティックな質感のブラジリアン・グルーヴが心地よい佳作。現在でもライブよくで歌う人気曲もたくさん収録されており、ファンならマストの1枚です。

betotorio2003.jpgNotorious En Vivo (2003)

Live reconrding in "Notorius", Buenos Aires, May 2003. Featuring Guido Martez and Ruy Alonso.

2003年ブエノスアイレスのライブハウスでのトリオ(Vo&Guitar、Bass、Drums)ライブ盤。3夜に渡って行われたライブからベスト・テイクを収録しただけあって、長年活動をともにするバックとの息のあった演奏が素晴らしく、音質も素晴らしい。このアルバムがもっとも好きというファン多し。

betoesquinas2004.jpgEsquinas (2004)

Recorded in July, 2004. Featuring Guido Martez, DIego Alejandro and guest musicians: Osvaldo Belmonte, Alan Ball and strings quartet. Selected as one of the top ten braslian CDs in Japan, 2005.

初来日ツアーの模様を完全収録した感動のライブ盤。ジョアン・ボスコ〜ジョアン・ジルベルトなど弾き語りの名手直系の、サウダーヂ溢れるパフォーマンス。

betoenvivo2006.jpgEn Vivo En Japáo (2005)

Live recording in Tokyo & Kamakura, Japan, in October 2005. Vocal, guitar and arrangements: Beto Caletti, guest musician: Matshumonica.

初来日ツアーの模様を完全収録した感動のライブ盤。ジョアン・ボスコ〜ジョアン・ジルベルトなど弾き語りの名手直系の、サウダーヂ溢れるパフォーマンス。

betoenvivodvd2006.jpgBeto Caletti Trio Vivo (2007) (DVD)

Live concert recorded on August 30, 2006. Auditorium "Fibertel de Cablevisi", Buenos Aires, Argentina with Guido Martez & Diego Alejandro.

2007年ブエノスアイレスのテレビ番組でのトリオ(Vo&Guitar、Bass、Drums)ライブを収録したDVD。もちろんテレビだけあって音質は最高、カメラワークも申し分なし。カヴァキーニョを携えた自作の可愛いショーロや弾き語りも披露してます。日本語字幕つきのインタビューも収録。

betotess2008.jpgTess (2008)

Recorded in Buenos Aires and Rio de Janeiro, featuring Celso Viora, Teo Lima, Nema Antunes, Leo Amuedo, Denise Pinaud, Osvaldo Belmonte, Guido Martinez and Diego Alejandro among others.

2008年4月にリリースされた、スタジオ録音盤では4作目となる最新作。全盛期のイヴァン・リンスにも比肩しうるメロディー&アレンジがとにかく心の琴線に触れまくる、ロマンチックな作品。アルバムタイトルの「テス」とは女性の名前。

betobyebye.jpgBye Bye Brasil (2011)

Recorded in February 2010 anad introduces by Roberto Menescal, featuring Agust P Lucena, Denise Pinaud, Osvaldo Belmonte, Marcelo Torres, Marcos Archetti, Diego Alejandro and Roberto Menescal.

ベト・カレッティ、通算5作目・待望のフル・アルバム!情感あふれる流麗なメロディ、ブラジリダーヂを運ぶ心地よいグルーヴ、そして彼ならではの色気ある甘い歌声を、心ゆくまで堪能できる会心作!アグスティン・ペレイラ・ルセナ、ホベルト・メネスカルなど豪華ゲストとの共演にも注目。

LOS MUSIQUEROS Discography

betocaricaracua.jpgLOS MUSIQUEIROS / Carí Caracuá (1995)





betolosmusiqu.jpg LOS MUSIQUEROS / Canciones Colgantes (2001)





betoromancedebarrio.jpgLOS MUSIQUEROS / Pequeno Romance de Barrio (2005)

Linkage

Beto Caletti HomepageLinkIcon
Beto Caletti MySpaceLinkIcon

Flyer

2006.9.24: at Yamadera Guga-no-Kuni
beto2006-9.jpg

2009.10.03: at Yamadera Fuga-no-Kuni
Beto200910.jpg
Beto2009FLYER.jpg

2009.10.04: Brasilian Guitar Workshop
beto_workshop1004.jpg

Beto Calettiのギター教則本

betoTx1.jpgbetoTx2.jpg