日なたの家族 山本曉

【時間】30分
【監督】山本曉
【脚本】山本曉
【出演者】佐藤貢三、佐藤有沙、宮前希依、赤木伸輔
横大路伸、前野朋哉、松田柊哉、浅田和子
永峰あや、高橋彰彦
日なたの家族

日陰に立たされた家族、空白の真実には目を向けず…。

小説家の父が他界し、葬式のため実家へ戻った春野家の兄妹三人。久しぶりに顔を合わせた三人であったが、関係はぎこちなかった。
その理由は、家族をテーマにした残酷な殺人を描くミステリー小説ばかり発表していた父にあった。
実際の自身の家族を題材に使った処女作『日陰の家族』が原因で、以来、家族関係は疎遠になってしまった。
長男の俊夫は実家の家を改築するという身勝手な計画を妹の廣子や弟の博二に話し始めるが、反発を食らい、都合の悪い遺言書を見つけたか?
と逆に計画を疑われてしまう。三人は、発見されていない遺言書を探すため、母すら入室を禁じていた父の書斎に踏み込む。
しかし、残された遺品から、知られざる父の正体に直面してしまう。



山本曉

【監督プロフィール】

1978年・東京都生まれ
東京都在住
テレビ番組制作アシスタントでキャリア開始後、Vシネマや映画などの現場で助監督として携わる。2007年にVシネマ『〜HANA〜天使の人形』を初監督。
以後、ミュージックビデオの他、福井市の地域映像事業作品の制作等、精力的に活動。


【この作品で伝えたかったこと】

「いつか親が死んでしまったら…。」真っ黒に髪を染めて働き詰めていた父。
定年後に見た父は、真っ白な髪を蓄えていた。その瞬間、親の「老い」や「死」を初めて強く意識した。誰もがいつかは直面するその瞬間。
家族間の問題以上に、親という存在が自身にとって何を与えるものなのか?を改めて考えるキッカケにして欲しいです。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ