三歩さがって 高橋雅紀

【時間】18分
【監督】高橋雅紀
【脚本】高橋雅紀
【出演者】真辺幸星、田中結花、石井涼太
シトミ祐太朗、中村靖子、宮田幸輝
三歩さがって

「仕事を辞めて主夫になって」と言われてしまったボクのハナシ。

「アタシの代わりに主夫になって」飯塚隼人(派遣社員)は、妻の真奈美(正社員)にある日イキナリそう告げられる。
真奈美が妊娠し、どちらかが仕事を辞めなくてはいけなくなったのだ。
仕事にやりがいを感じ、辞めたくない真奈美。一方の隼人は好きでもない仕事をただ漫然と続けている。
専業主夫になり、子どもの面倒や家事に人生を費やすのは、男としてのプライドから、うんとは言いづらい隼人。
衝突する二人だったが、真奈美の仕事にかける熱意を知った隼人は、彼女と生まれてくる子どもが安心して自分の夢を実現できるように、少しさがった所から背中を押してあげるという形の父性もある、と自身に言いきかせ、主夫になることを決意する。


高橋雅紀

【監督プロフィール】

1972年・東京都生まれ
茨城県在住
ウェブディレクターをしながらのリーマンクリエイター。
年に1〜2本のペースで短編映画を製作し続けている。


【この作品で伝えたかったこと】

「男が外で働いて、女は家のことをする」
21世紀も10年を過ぎ、価値観も、僕らを取りまく環境も大きく変わっている。
なのに、なんとなくフツーだと思っている夫婦の役割について疑問を投げかけてみました。楽しんでもらえたら嬉しいです。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ