映像部門スレッド 谷 健二

【時間】11分36秒
【監督】谷健二
【脚本】佐東みどり
【撮影】加藤哲宏
【編集】小川謙治
【音楽】泉輝紀
【プロデューサー】赤間俊秀
【出演者】渡部遼介
【ロケ地】東京都渋谷区
スレッド
「うるせえ、負け組ども!
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね…。」

日常をはみ出した男が求めたものは、一体何なのか??

インターネットの世界で、西口明良は現実の世界と繋がる。悩める人が集まる掲示板には、日々、様々なスレッドが立ち上がっていた。
明良はそれらのスレッドを見て、笑みを浮かべる。「ばあかw死ね、負け組みどもwww」。
真剣に悩みを打ち明けている人々に対し、挑発の言葉を書き込むのが唯一の趣味であり生きがい。
大学を卒業して、エリートであるという自負がある明良。彼は語る「ネットやってる奴らって、現実世界と接点がないんですよ。仕事もなければ、悩みを相談する友達もいない。だからネットで見ず知らずの人間なんかに悩みを相談するんですよ。まあ、孤独なんですよね。恋人なんかいるわけないし…。」
しかし、そんな日々が、少しずつ現実の世界に飲み込まれていき…。


谷健二

【監督プロフィール】

1976年・京都府生まれ 東京都在住
大学でデザインを専攻後、映画の世界を夢見て上京。多数の自主制作映画に携る。劇場公開作品『ブリュレ』では、アソシエイトプロデューサーもつとめた。現在は、広告業界で働きつつ、自主制作活動を続ける。監督としては今作品が2作目。

【この作品で伝えたかったこと】

なんかもやもやしたものが自身の心の中にあって、作品をつくりはじめました。誰が正解を言っていて、何が正しいかわからないこの時代に生まれてきて、いろんなことを乗り越えないといけないと頭の中ではわかってはいるけど、うまくいかない人が世の中にたくさんいるはずです。その人たちが作品をみて、何か実行を移すきっかけになればと思います。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ