映像部門走るのには理由がある 岡元 雄作

【時間】25分38秒
【監督】岡元雄作
【脚本】岡元雄作
【撮影】岡元雄作
【編集】岡元雄作
【音楽】原夕輝
【出演者】高山かな 渡辺邦彦 なかやまこもも
葛上昇悟 米元信太郎 前川桃子
【ロケ地】東京都武蔵野市
走るのには理由がある
「走って何になんの、苦しいだけじゃん!」
「じゃあ、お前何で嘘までついて走ってんだよ。」

いい加減な女の子の成長を描いた壮快エンターテイメント。

口ばかり達者で燃えやすいけど嫌な事があるとすぐに投げ出してしまう、そんな適当な子・橘いちか。いちかはコック見習いの一ノ瀬翔太に気があるが、いまいち行動に移す勇気が出せないでいた。そんな時に何故か翔太と一緒にランニングをする事になってしまう。しかし、いちかはランニングどころか極度の運動オンチ。それでもいちかは走る。それには理由があるから…。


岡元 雄作

【監督プロフィール】

1980年・新潟県生まれ 東京都在住
映像制作プロダクションを経て現在はWEBデザイナー及び、フリーの映像ディレクターとしても活動中。また劇場映画のメイキングなども手掛ける。様々な映画祭で入選、受賞も。映画制作団体ASTROSANDWICH代表。

【この作品で伝えたかったこと】

いちかは自己中で根性なしで嘘つきで妄想家という最悪な性格。でも、もしそんな子が何かに向かって必死に頑張るとしたら…。
醜くくても頑張る姿は必ず観客の心を掴むと信じています。分かり易く誰でも楽しめるエンターテイメントを目指しました。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ