フェスティバル
Festival


■最終選考委員

村川 透

村川 透
映画監督/YMF選考委員長

山形県村山市出身。1960年日活演出部入社、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、吉永小百合、高橋英樹、渡哲也らの主演作や日米合作「トラ・トラ・トラ」などに助監督として関わり、1972年「白い指の戯れ」で監督デビュー。TV「大都会」(76-78)「西部警察」(79-83)、松田優作主演の「最も危険な遊戯」「殺人遊戯」(78)「処刑遊戯」(79)の「遊戯」シリーズ、TV「探偵物語」(79)、「蘇る金狼」(79)、「野獣死すべし」(80)や、「白昼の死角」(79)、TV「あぶない刑事」(86)、映画「もっともあぶない刑事」(89)、「あぶない刑事リターンズ」(96)ほか、多数を監督。現在もテレビ「十津川警部シリーズ」「おみやさん」「鉄道捜査官」、柴田恭兵主演「越境捜査」(08、10)、東山紀之主演「棟居刑事の事件ファイル」(08-09)のメガホンを執るなど、73歳にして尚精力的に発表し続けている。その人気は根強く、今年5月、山口県の山口情報芸術センターで「すべての人々が魅せられる、ハードボイルドの名手‐シャープなアクションと独創的なアイデアで鏤められた珠玉のフィルムたち」のタイトルで村川透監督15作品(助監督1作含む)が特集上映された。

船越 英一郎

船越 英一郎
俳優

1960年神奈川県出身。TBS日曜劇場「父の恋人」(82)でデビュー。2時間ドラマの出演本数は300を数え、「2時間ドラマの帝王」と呼ばれている。近年では俳優業のみならずバラエティ番組の司会などにもその活動の幅を広げている。主な映画出演作は「マリと子犬の物語」(07)、「ウルルの森の物語」(09)、「誘拐ラプソディー」(10)など。来年1月29日には映画「白夜行」が公開される。

川井 潤

川井 潤
博報堂DYメディアパートナーズ メディア・コンテンツソリューション局

1979年に同志社大学から株式会社博報堂入社。現在、博報堂DYメディアパートナーズ所属。「料理の鉄人」などのテレビ番組企画、今年上映の「てぃだかんかん」映画企画、「ニコニコ動画」などのITメディア企画に携わり、メディアを限らず最も効果のあるコミュニケーションを仕掛けていく。最近は世の中でまだあまり知られていない優秀な技術や物を世に知らしめていくことを仕掛けている。

小山 薫堂

小山 薫堂
放送作家/東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科長

1964年熊本県出身。日大芸術学部放送学科在籍中に放送作家を開始。1985年「11PM」(日本テレビ系)の構成に携わり放送作家として活動開始。「カノッサの屈辱」(フジテレビ系)、「料理の鉄人」(フジテレビ系)など数々の人気番組を手がけた傍ら、現在は「小山薫堂 東京会議」(BSフジ)や、小説やコラム執筆で活躍。初めて映画脚本を手がけた2008年の「おくりびと」が、第81回米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞。2010年10月に日仏合作となる新作絵本「いのちのかぞえかた」が千倉書房より発売。

林 郁

林 郁
株式会社デジタルガレージ代表取締役 グループCEO

大学卒業後、1983年に広告マーケティング企画会社株式会社フロムガレージを設立。
その後 1995年に株式会社デジタルガレージを共同創業、代表取締役社長に就任。
以降、一貫してインターネットをベースとした、新規ビジネスの支援・構築とインキュベーションの両面でデジタルガレージグループの事業を展開、推進している。

宇生 雅明

宇生 雅明
庄内映画村株式会社 代表取締役社長

1985年に東京でIT企業「ベター・ビジュアル・システムズ」を設立。2001年映画「蝉しぐれ」のシナリオを持ち、初めて庄内に入る。2003年映画「蝉しぐれ」プロデュースを引き受ける。2005年松ヶ岡に「蝉しぐれ」資料館設立。松ヶ岡を拠点として映画「蝉しぐれ」の宣伝担当を引き受け、侍コンサートをはじめ幾つかのイベントを催す。2006年7月7日庄内映画村株式会社を立ち上げる。2006年10月「ジャンゴ」、2007年3月〜「ICHI」「おくりびと」「山桜」、2008年7月〜8月竹中直人監督「山形スクリーム」、10月〜12月松岡錠司監督「スノープリンス」、2009年3月〜5月阪本順治監督「座頭市THE LAST」、7月〜10月三池崇史監督「十三人の刺客」、10月〜11月平山秀幸監督「必死剣鳥刺し」庄内プロデュース担当。昨年「庄内映画村オープンセット」が一般公開された。

古賀 俊輔

古賀 俊輔
映像プロデューサー/株式会社ザフール代表取締役
京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科教授

劇場用映画やCGアニメーション、音楽PVや企業用VPなど多岐にわたる映像をプロデュース。2007年「creative platform」をコンセプトに企画・制作会社ザフールを設立、同時に京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科立ち上げに参加。さまざまなジャンルのクリエイター達のコラボレーションと育成システムを構築する。最近は、365日毎日新作放送アニメ「キャラディのジョークな毎日」(声・安田美沙子)を代表とする産学共同プロジェクトの仕掛けや、今注目の3D作品の低予算化を実現し、CD「人生ロマン派」(水谷豊×宇崎竜童)3D PVを制作し発表。
常に面白い事・楽しい事・ワクワクする事を探しながら、クリエイティブのコラボレーションを目指す。

武林 聡

武林 聡
株式会社USEN 取締役

神奈川県横浜市出身。1987年中央大学卒業後、株式会社リクルート入社。株式会社インテリジェンス副社長、株式会社UCOM代表取締役社長を経て、現在、株式会社USEN取締役。
映画鑑賞・読書・ゴルフを趣味とし、好きな映画は「スティング」「天井浅敷の人々」。
最近感銘を受けた本は「これからの『正義』の話をしよう〜今を生き残るための哲学(マイケル・サンデル著)」。
座右の銘は「着眼大局着手小局」。

吉村 和文

吉村 和文
株式会社東北ケーブルテレビネットワーク代表取締役社長
株式会社MOVIE ON代表取締役社長/YMF運営委員長

1992年ケーブルテレビ山形設立とともに代表取締役専務に就任。2004年山形市の中心商店街・七日町にある老舗映画館を引き継ぎ、地元企業とともに映画興行会社MOVIE ONを設立、代表取締役社長となる。2008年4月山形市嶋地区に東北最大級のシネマコンプレックス・MOVIE ONやまがたをオープン。2006年より東北のケーブルテレビ局(現在15局)により広域ネットワークによる付加価値の創出、新事業の開発推進を目的として設立された株式会社東北ケーブルテレビネットワークの代表取締役社長も務める。
日本映像学会正会員。日本映像事業協会東北支部長。

■賞

グランプリ・準グランプリ・船越英一郎賞(最優秀俳優賞)など各賞があります。
*選考の結果、賞に該当しないこともあります。

■選考方法

予備選考委員による審査の後、9名の最終選考委員による厳選なる審査、そして最終選考会での討論を経てグランプリをはじめとした各賞を決定します。作品の完成度はもちろん、その中に潜む可能性、その人にしか持ち得ない才能や個性など、様々な角度からの審査を行います。

予備選考委員:渡辺聡・高橋俊行・田宮政彦・伊藤浩・小林利尚・鈴木淳予・國井真理・佐藤則子


▲page top

利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ