タスクフォース 行定勲 監督作品
2002年放送された特別ドラマがスクリーンで初上映!

危機意識欠如の日本企業に警鐘をならす…。行定勲監督による骨太の社会派エンタテイメント

現代の世相を背景に“企業における危機管理の欠如”がテーマ。責任ある世代の普通の男達の、善と悪、愛と憎しみ、夢と野望、信頼と裏切りを通して、男の友情・家庭・仕事そして人生の意味を問いかける大人のための大人のロマン。

タスクフォース

【監督】長沼誠
【原作】門田泰明「タスクフォース」 光文社
【出演】三上博史 豊原功補 北村一輝 釈由美子 渡辺いっけい 近藤芳正

photo photo
photo photo
photo photo

ある会社員の命が突然狙われた日。極秘情報の漏えい…親友の死…
次々と襲う恐怖の罠。真実を暴け!

 世界有数の総合電機メーカー「帝和電器産業」の経営戦略室長をしている高森信次は、会社のトップシークレットに深くまで接する立場にある。名張社長の信頼も厚く順風満帆な出世をして家庭も円満、何の問題もないはずだった。大学時代の仲間が4人集まり久しぶりに飲む日、会社を出た高森は、路上で男とすれ違いざま首を切られた。通り魔か?それとも高森と知った上で襲ったのか?心当たりは全くなかった。翌日、高森に話があると言い残し旧友・吉枝が殺された。そんな折、高森を防衛官僚が突然訪問。彼らは極秘なはずの新開発製品の情報をつかんでいた。
  高森の身に降りかかる数々の事件。息つくひまもなく彼の周辺が慌しくなっていく。確実に何者かが高森と新製品を狙っている。目に見えぬ恐怖。優良企業を襲う謎のイレギュラーバウンド!その背後に潜むのは?




行定勲監督

YMFで2006年から続く行定勲監督作品の上映&トークショー。今年も行定監督に映画のことをたっぷり伺います!

長篇第二作「ひまわり」(2000)で釜山国際映画祭批評家連盟賞を受賞。「GO」(2001)では日本アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞。「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004)「北の零年」(2005)「春の雪」(2005)「クローズド・ノート」(2007)などの監督作品で不動のヒットメーカーとなる。来年は、「今度は愛妻家」(1月)、「パレード」(2月)が公開。


最新作「今度は愛妻家」2010年1/16(土)公開!

結婚10年目にしてある局面を迎えた夫婦の愛情…《女性は共感、男性は反省》する、この冬もっとも切ない大人のラブファンタジー。

【出演】豊川悦司 薬師丸ひろ子

photo
©2010 映画「今度は愛妻家」製作委員会
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ