映像部門がたぴしLife 藤原智樹

「自分の人生に期待するの、もう止めたから…。」

【製作年】2007年
【時間】30分
【監督】藤原智樹
【脚本】藤原智樹
【撮影】中根克、藤原智樹
【編集】藤原智樹
【音楽】児島宏之
【出演】坂田めぐ美、矢崎まなぶ、三矢澤大
【ロケ地】東京都新宿区ほか
がたぴしLife

社会に不器用にしか生きれない若者たちの物語

 林桃香は25歳の無職。ストレスを感じると耳が痒くなるという何の役にも立たない特殊な体質の持ち主。ある日桃香は、広樹(弟)から借りているお金の返済の催促をされる。しかし無職の桃香は返済できる訳もない。そこで広樹はアルバイト先に北条賢一というイケメンのマンガ家志望の先輩がいる、マンガのコンクールの応募が迫っており、2日間だけアシスタントをやってくれる人を探していると話す。バイト代が出るという事で、桃香を行かせようとする。嫌がる桃香だが他に返済の当てもない為、北条の家へ向かう事にする…。


藤原智樹(ふじわらともき)

【監督プロフィール】1979年・東京都生まれ

デジタルハリウッド(VFXクリエーター専攻)にて、実写から3DCGまでの映像制作技術を学ぶ。自主映画は年に1本ほどのペースで制作。現在は3DCGアニメーターとして、テレビアニメーションを中心に参加。

【この作品で伝えたかったこと】

自分のやりたい事を貫き生きる事が難しい現代。社会、他者、そして自分自身に対する不満で心が押し潰され、生きる意味を見失う若者が多くなっていると思います。しかしほんの小さな出来事で、心が大きく変わる事ができる。人生は捨てたものではなく、どんなに辛くても希望を捨てず歩み続ける強さを持ってほしい…そう訴えたくこの作品を制作しました。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ