アニメCG部門CAMERA Jeong-soo.Hur

【製作年】2007年
【時間】10分28秒
【監督】Jeong-soo.Hur
【脚本】Jeong-soo.Hur
【編集】Jeong-soo.Hur
【音楽】Kill-Soo.Jeong
CAMERA

露出

 あるLOVE HOTELでHする事に集中してる男女がいました。突然部屋の中にあるテレビが作動してこの男女が映ります。吃驚した男がカメラを探しますが隠れてあるカメラは笑いながら段々男女を苦しめます。そして男女は死んでしまいます。


Jeong-soo.Hur

【監督プロフィール】1981年・韓国生まれ

Sejong Univ. Comics&Animation Dept.在学中。
StudioGOINDOL のdirector,editor

【この作品で伝えたかったこと】

最近頻繁に起きる性暴力と不条理なことに対する現実のメッセージです。
隠しカメラ、監禁、暴力、既成世代の貪欲など現代社会の否定的な側面をMediaが持ってる恐怖感と一緒に表現して、見ている人がその雰囲気に没入できるように私が感じた感情とイメージ(“露出”ということについて私が持ってる漠然とした怖さと恐怖感)を伝えたいと思いました。カメラという素材を最大に活用したい、それはまるでAVを見ている感覚で隠しカメラを表現しました。
Endingの意図については、被害者で弱者の状況にある女性に超越的なPowerをあげたいと思いました。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ