■YMF2006スカラシップ作品一覧・監督紹介

Boiler
Bae Tae-Su監督
第2回山形国際ムービーフェスティバル2006 グランプリ受賞
<スカラシップ1,000万円>

 泥水に住む魚は清流では生きられない。彼らにとっては、泥水が清流なのだ。

自然破壊と地球温暖化が加速化された近未来の韓国。
居所が無くなった動物たちがよく出没し、頭を悩ませているヨンガン学校に酸素呼吸器がなければ息をすることもできないジンスが転学して来る。
その後、毎晩ジンスの夢に現れる妙齢の女性と運動場で死んでいく鯨。
地下室で猛烈に燃え上がっている強大なボイラ。
相次いで起こるミステリな事件の中で学生達はだんだん狂っていく。

Lost&Found
三宅伸行監督
第2回山形国際ムービーフェスティバル2006 準グランプリ受賞
<スカラシップ500万円>

 日常にひそむ小さな喪失から始まる物語。落とし物あずかり所を舞台とした群像劇。

東北のローカル線の終着駅にひっそりと佇む、“落とし物あずかり所”。そこで働く初老の係員、富樫のもとには日々様々な落とし物が届く。傘、キーホルダー、デジカメ、タップシューズ・・・。何の関係もなかったはずの物たちが、落とし物あずかり所の棚で偶然、隣どうしに並ぶように、その持ち主たちとそれを届けたひとたちも、気づかぬうちに関わりあい影響しあってゆく。一連の出来事を結んだ落とし物あずかり所、そこで働く富樫はやがて、自分がなぜここにいるのかを語り出す。
 “Lost&Found ―失って、そして見つける”。登場人物たちが見つけたものは、何だったのだろうか。

キャットボイス
笹木彰人監督
第2回山形国際ムービーフェスティバル2006 審査員特別賞受賞
<スカラシップ200万円>

 猫の出てこない猫映画。とあるアパート住人達の小さな物語。駄目人間でもいいではないか。

 山形県にある、変人ばかりが集まる小さなアパートに一組のカップルが越してきた。人の良さそうな男と口のきけない女、この不思議なとりあわせにアパートの住人は興味津々。早速、住人総出の歓迎ランチキ騒ぎが始まる。宴たけなわの最中ふとかけた新住人のラジカセからは意外にもクラッシック音楽が流れ始めた。ワーグナーの「タンホイザー」序曲。
 …新住人の女はなぜ言葉を失ってしまったのか?ダメ人間が集まるアパートは、絶望と希望を繰り返しながら、タンホイザー序曲の壮大なメロディーと共に新住人の秘密を受け入れていく…。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ