笑ひ教 葉子

「今日から私達『笑い星人』ね」

【製作年】2007年
【時間】34分
【監督】葉子
【脚本】笹木彰人
【撮影】三本木久城
【編集】三本木久城、葉子
【音楽】INOSIS(井口拓摩)
【出演】長谷川朝晴、山口美也子、尾野真千子、
中村優子、光石研、延増静美、西慶子、種子、
村瀬綾夏、奥澤惇、しいたけを、有川マコト、
笹木彰人、綾貴士
【ロケ地】東京都、大阪府
笑ひ教

「最近笑ってますか?」「あなたはちゃんと笑えていますか?」

 人生に絶望したひとりの男(幸二)が、大阪のとある街にやってきた。そんな幸二を待っていたのは「笑ひ教」という宗教団体のおばちゃん連中であった。おばちゃん達は「声を出して笑っていれば幸せになれる」という教義を実践し大笑いしている。初恋の人がすんでるハズの住所が、奇妙な宗教団体に変わっている事に落胆する幸二。そんな行き場のない幸二に同情した「笑ひ教」教祖のおばちゃんは、強引に「初恋の人探しを手伝う事」を提案する...。大阪のおばちゃん連中の図々しさにカルチャーギャップを日々感じていく幸二であったが、ある事件をキッカケに幸二と「笑ひ教」の関係は一気に激変する。…笑う事を忘れた幸二に用意された結末は…。


葉子(はこ)

【監督プロフィール】1967年・大阪府生まれ

高校時代よりモデルとして活躍。ミュージシャン・デザイナー・女優など多方面でマルチアーティストとして活動中。河瀬直美監督の
「影―Shadow」で主演し、注目を集めた。今作品より映画監督としてのフィールドへも幅を拡げた。

【この作品で伝えたかったこと】

 子供の頃はあんなに笑っていたのに…。大人になって、社会に出て、大変な事や辛い事、慌ただしい日常に埋もれて、気付けば最近笑ってないな〜。生きて行く事は大変な事だけど、少しでも笑って過ごしたい。心痛む事件が多い最近、笑う事の大切さを意識して伝えて行きたい。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ