キャッチボール 牧田浩平

「思い切り投げてみろ」

【製作年】2005年
【時間】20分38秒
【監督】牧田浩平
【脚本】牧田浩平
【撮影】小暮法大
【編集】牧田浩平
【出演】菊川仁史、近藤茂夫、奥山眞佐子、
千葉幸枝、大西求
【主な撮影場所】東京都狛江市
キャッチボール

思い出のキャッチボール

 セミの声が鼓膜の奥に残る夏の日、川の土手に座っている一人の男が昔を思い出していた。作家になる夢を捨てきれずにいる大学四年生の自分。就職活動もままならず、彼女との仲も上手いっていなかった。書き留めた小説を出版コンテストにおくってみるも落選の日々。くすぶり続けている自分の気持ちとは裏腹に、思い切った行動には移せないでいた。その一つの理由が、頑固な父親の存在。しかし、母の不器用な励ましを受け、父に、自らの夢に対する決意を話し始める。保守的な父は頑として受け付けないが、やがて息子の熱意に押され始める。夕食の支度をしながらも、そっと聞き耳を立てる母。そして父は、ふとした瞬間、昔二人でやったキャッチボールを思い出す。


牧田浩平(まきた こうへい)

【監督プロフィール】1978年生まれ 東京都出身

都内の高校卒業後、単身カナダへ渡る。バンクーバー・フィルム・スクール卒業後、日本に帰国。都内の制作プロダクションにてアシスタントを務めた後フリーとなる。

【この作品で伝えたかったこと】

 夢を追うこと、それを口に出すことの難しさ。しかし、その反面、始めの一歩を踏み出す勇気を持っていれば、意外と簡単に前に進み出すもの。今の日本では、多くの人は夢を持っているが、追い求めることは別、と考えているのではないだろうか。この作品は、主人公の成長を描くとともに、我が道を追い求める人の葛藤、不安、そしてそれをサポートしたいと願う周りの人々を表現している 。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ