スミレマンデー 清水信宜

「なんなんだあれ?」
わからへん・・・わからへんけど、メッチャ面白そうやん!」

【製作年】2005年
【時間】15分10秒
【監督】清水信宜
【脚本】清水信宜
【撮影】牧田浩平
【編集】清水信宜
【音楽】あや
【出演】三訳真奈美、荘司優希、江成祐司、
岡本裕輝
【主な撮影場所】東京都新宿区・目黒区
スミレマンデー

撮影2日、制作費20万円のプチ・エンターテイメント!

 月曜日のランチタイム。大阪出身のOL、里中スミレは元カレの働く中華料理屋で白昼堂々食い逃げを決行する。それは借金をなかなか返さない元カレへの仕返しだった。しかし、食い逃げをしたスミレを追いかけてきたのは店の主人、陳青島。
 営業車に乗った先輩に助けられ、危ないところを逃れたスミレだったが、安心したのもつかの間、スミレの携帯へ元カレからのメッセージが入る。
 「陳さんを止めてくれ!大変なことになる!」…果たして、その言葉は何を意味するのか?そしてスミレの行く末は!?
 大阪チャキチャキ娘と、中国4000年の料理人の対決を描いたコミカルな逃走劇!!
(注):本作品はポップコーンをつまみながら、ご友人、ご家族でお楽しみ下さい!


清水信宜(しみず しんぎ)

【監督プロフィール】1967年生まれ 東京都出身

某映画学科卒業後、フリーの助監督を経て脚本家となる。
DV初監督作「スミレマンデー」で2005年度西東京映画祭観客グランプリ受賞。
現在「Multimedia Production 映式」として映像制作を請け負っている。

【この作品で伝えたかったこと】

 多くの人たちに楽しんでもらうことが一番の目的です。
 出演者たちの個性を生かすということろから発想した作品ですが、お客さんには余所見をさせないということを意識して創りました。
 また、エンドクレジットにNG集をつけた理由も、作り手側の楽しさが観ている人にも伝わればという想いからです。
 本作に関して、マンガを読むような感覚で気軽に楽しんで頂ければ幸いです。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ