Kick-the-Can 藤原光暁

【製作年】2005年
【時間】10分
【監督】藤原光暁
【脚本】藤原光暁
【撮影】Jason Inouye
【編集】藤原光暁、割方達郎
【音楽】難波正司
【出演】伊藤淳史、Kelsea Button、
David Bolton、David Malatesta、
Alexander M. Kosaka、Jesse Naufahu
【主な撮影場所】Los Angeles
Kick-the-Can

LET’S GO ! KICK THE CAN!!

 インターネットバーチャルリアリティーゲーム全盛の時代、人々の話題は一つのゲームに集中していた。その名は『Kick-the-Can』。
 ゲームのエンターテーメント性もさることながら、話題を集めたのはその難解さからだった。数多の歴戦のゲーマーたちが挑み、そして無惨に破れていった。一体誰がゲームの支配者タガーを打ち破り栄誉ある最初の勝者となるのか・・・。ネット上では盛んに情報交換が行われ、挑戦は繰り返されるが依然としてクリアーする者は現れなかった。
 そして今、新たに5人の挑戦者たちがこの最難関ゲームに挑む。この5人の中から栄光の初クリアーを手にする者は現れるのか?人々が注目する中、スタートは切られた!勝者となるのは一体誰だ?


藤原光暁(ふじわら みつあき)

【監督プロフィール】1978年 北海道出身

本場ハリウッドにて映画を学ぶべく、2001年に渡米。カリフォルニア大学ノースリッジ校を経てコロンビア大学ハリウッドへ編入し、2005年に同校を卒業。2006年活動拠点を日本へと移す。本作『Kick-the-Can』はShort Shorts Film Festival 2006および、Los Angeles International Short Film Festival2006でも公式ノミネートされた。

【この作品で伝えたかったこと】

 日本らしい子供の遊びである缶蹴りを、様々な人種の大人達が真剣にやっているおかしさを表現したかった。子供のころに熱中した遊びを、いくつになっても同じように楽しめる・・・そんな心をいつまでも持っていられたらという思いを込めてこの映画を作った。
利用規約 プライバシーポリシー お問い合せ